JavaScript 1 荒牧愛美夫はアンダーソンバルボサ「イケメンなドラッグ依存症」モンスターサイコパス | きゃぴたるはあと
スポンサーリンク
大阪堺市母子事件

荒牧愛美夫はアンダーソンバルボサ「イケメンなドラッグ依存症」モンスターサイコパス

anda-son 大阪堺市母子事件
スポンサーリンク

8月24日に大阪府堺市東区日置荘西町の集合住宅で死亡が確認された荒牧愛美さん(29)と娘のリリィちゃん(3)親子。心臓まで達する複数の刺し傷と殴られた跡、凶器とみられる包丁も見つかっています。

荒牧愛美さんのフェイスブックとインスタ、夫のフェイスブックが特定、投稿のコメント欄から人物像が少しわかってきました。

スポンサーリンク

荒牧愛美の夫バスボサ・アンデルソン・ロブソン「イケメンのドラッグ依存症」

荒牧愛美さんの夫はブラジル人です。ニュースを探っていくと、同じブラジル人の仲間が荒牧愛美さんの夫のフェイスブックを公表していました。

news8026

「載せてもいいだろう」
「もうすでに警察はわかっているよ」
「ありがとう感謝します」
そこにのっている人のフェイスブックをみると
anndhi
アンダーソンバルボサとなっています。
andhi
特に家族に関しての情報はないのですが、投稿のコメントにブラジル系の方々が
aramakiami
「彼がやったなんて、天罰がくだる」
「もしブラジルに着いたら捕まえられるように拡散だ」
「ロンドンに兄弟がいるのね。おじさんのところにいくかも」
「ロンドンにも拡散しとかなきゃ」
モンスター・サイコパスだ」
「いや、彼ではないかもしれないぞ」
「もし彼がやったなら彼には平和はおとずれない。」
「心臓まで届くような刺し方をし、子どもと妻を殺すような奴を私達は守る必要なんてない」
「この男は心臓に10回以上刺し、そして子どもも殺したモンスターだ」
「でも、彼があんな風に消えるのは変だと思わない?」
「まだ容疑者なんだから、決めつけはよくないかもよ。誰が犯人かわかっていないんだから」
「ブラジルは強盗には慣れているから」
「彼はサイコパスでドラッグ依存症だった。彼はダメな男だった」
「彼の家族はカンベ・ロンドリーナ出身です。私はそこに圧力をかけたわだから逃げられない」
沢山のコメントがありました。
スポンサーリンク

【追加】バルボサ容疑者の性格:嫉妬深い暴力男

baruboza

バルボザ容疑者の性格は勤務先の関係者や10年来の親友からの証言でわかってしました

●子どもの写真を見せて幸せぶりをアピールしているが、優しいのはこの時だけ
●仕事は真面目だが感情の起伏が激しい(俗にいうキレるタイプ)
●育児に参加しない。家事もしない
●嫉妬深く愛美さんの親友の家にも夫がいるからと許可しなかった。
●子どもを良くしかり暴力をふるっていた

furend

スポンサーリンク

荒牧愛美さんの夫アンダーソンバルボサ「国外逃亡なら親族のいるロンドンかブラジル」

この中で
「彼はサイコパスでドラッグ依存症だった。彼はダメな男だった」
「彼がブラジルにきたら捕まえる」
「彼の兄弟はロンドンにいて、叔父のところにいくかも」
とあるので、もし彼が国外に逃亡するなら「ロンドン」か「ブラジル」のようです。
ただ
「彼ではないかもしれない。まだわかっていない」
というコメントもあります。ドラッグ依存症なら、マフィア関係のからみで犯罪に巻き込まれた可能性もでてきます。
日本でそんな・・・とおもってしまいますが、事実ドラッグ関係の事件は増加傾向にあります。
コメントの中に荒牧愛美さんの情報を載せてくれていたので、調べてみました
スポンサーリンク

荒牧愛美さんのインスタ/Facebook「危険を回避するため、敢えて家族のインスタは非公開」

その中に荒牧愛美さんのフェイスブックはこちら
あaramakiami
勤務先:Umbrella Corporation(医療関係の会社)
出身校:Frances King School of English-London(言語学校)
Anderson Barbosaさんと既婚
と書かれていたので、確定しました。写真はとっても色彩がキレイで、タトゥーに関して勉強熱心。料理もとても上手。「なんでもできる女性になってやる」と向上心のある素敵な女性だったのがうかがえます。
Instagramのほうは、料理と家庭の2つnアカウントをお持ちでした。
aramakiinnsuta
♬偏食ぎみのリリィちゃんのためにナンプラー少なめのガパオライス。野菜はたっぷり。
♬近所の果物屋さんでイチゴがやすかったので、タルト作り。
♬クリスマスディナーを手作りkurisumasu
どれも、手作り。素敵な女性であることは明らかです。こどもをとっても愛していることも。そしてご主人を愛していたこともわかりますね。
ご家族の方のInstagramは非公開になっていました。
aramakikazokuinsuta
ニュースにでていた画像はここから公開されたものと思われます。あえて非公開にしてさらさないようにしているところを見ると、荒牧愛美さんがとっても子どもを大切にしていたことがわかります。
ブラジル国籍の御主人がドラッグ依存症だったとしたら、ある意味危険にさらされやすいということかもしれません。
スポンサーリンク

日本の薬物事犯「麻薬で犯罪にまきこまれた荒牧愛美さん母娘」

近年、大麻事犯は年々増加傾向にあり、とりわけ30歳未満のいわゆる若年層における大麻の蔓延は、以前にも増して深刻な状況となっています。

来日外国人密売グループは暴力団と結託して、組織化、巧妙化傾向を一段と強める一方、密売方法も都市部を避け、住宅地等に移しています。また、インターネットや携帯電話、宅配便を利用するなど、その手口がますます潜在化しています。

警視庁HPより

yakubutu
密売方法が住宅地等に映ってきているということは、荒牧愛美・アンダーソン夫婦が住んでいた地域でもおかしくありません。
■アンダーソンバルボサが薬物依存で母娘を刺傷殺害した
■麻薬組織の事件に巻き込まれて荒牧母娘が刺傷殺害された。
の可能性がでてきます。
スポンサーリンク

大阪堺市の平均年収は300万「ドラッグ買うと生活費なくなる」

 

大阪府で39位/ 72市町村中全国平均より下

堺市東区の平均年収は468万円です。大阪府の72市町村の中で39位となり、全国の平均年収からは35万円下回る結果になりました。 年収階級別にみると年収300万円未満の世帯が一番多く14450世帯(41.6%) 住まいインデックスより

年収が300万とすると、月平均が25万。税金引いて住宅の家賃払うと2万貯金できたら凄いて感じです。
フェイスブックには愛美さんも働いていたのかな?という感じに見えますが、実際は更新してなかっただけかもしれません。
友人のでも「すごく頑張ってためていた」というのでドラッグほしさに愛美さんがリリィちゃんのために貯金していたお金を持ち出そうとしたら、夫婦に亀裂がはいってきます。犯罪にまきこまれたのか、夫が犯人だったのか。荒牧愛美さんリリィさんのためにも、早期に解決できることを願います。
スポンサーリンク

【追記】警察はブラジル人夫を指名手配「すでに出国」

警察は夫のバルボザ・アンダーソン・ロブソンを指名手配。8月21日の午前10時半ごろには自宅近くの駅から電車にンる姿が防犯カメラに写っていた。バルボザ容疑者はすでにブラジルへ出国しているということで、国際手配も視野に捜査を続行しています。

これは自宅近くの駅()の防犯カメラです。駅にはバルボサ容疑者の自転車が見つかっています。

情報をお持ちの方は

大阪府警 黒山警察署
☎ 072-362-1234
まで提供を宜しくお願いします。

 

スポンサーリンク

大阪堺市荒牧愛美さん母娘事件概要「モンスターサイコパスによる犯行」

20日から21日の間に殺害

22日に会社と愛美さんの実家に連絡して出国の時間をかせぐ

愛美さんのスマホを持ち出し発覚を遅らせる

荒牧さんの父親から「連絡が取れない」と110番

24日午前中荒牧愛美さんの部屋にはいり母と娘を発見。死亡確認

心臓に届くほどの刺傷が10数か所。殴られた跡もある

のちにへやから凶器とみられる包丁がみつかる

死亡解剖の結果死因は大動脈離断や心臓刺創と判明

警察は死後数日経過しているとみている

【追記】警察は同居していたブラジル国籍の夫バルボザ・アンダーソン・ロブソン容疑者がすでにぶらじるへ出国

【追記】ブラジル人夫に対し、逮捕状を取り、指名手配をかける

【追記】バルボサ・アンダーソン・ロブソン容疑者を国際手配も視野に捜査を続行←今ここ
夫のアンダーソンさんが一刻も早く発見されることをいのるのみです。
スポンサーリンク

【追記】荒牧愛美さんは離婚の相談をしていた

バルボザアンダーソンロブソン容疑者は、22日愛美さんの両親に「愛美は体調が悪いから連絡しないように」とメールをいれていたことが新たにわかりました。用意周到ですね。

荒牧愛美さんの知人からの情報で

愛美さんは離婚の相談をしていたみたいで結構なやんでいたらしい。早く真相が明らかになって犯人が捕まってほしい

離婚したと言っていた。「こんな生活地獄のようで嫌」ともよく言ってました。家事で一杯になっていても追い打ちかけるように文句いってくる。

リリィちゃんがお父さんをぺちっと叩いたら怒りまくって腕をつかんで頭をグラングラン揺らすって。彼女が止めにはいったら、「お前が甘やかすからこんな奴になるんだ」と怒ったそうです。それも彼女のご両親がいる前で。家ではもっとひどかったみたい。

ご両親も相談を受けていたとおもうので、さそがし心配だったことでしょう、このような結果になって心痛めていらっしゃることと思います。

バルボサアンダーソン容疑者の情報提供は

大阪府警 黒山警察署
☎ 072-362-1234

こちらにお願いします。

スポンサーリンク

【追記】ブラジルの弟の家にかくまわれている

バルボザ容疑者の電話が通じたのは、8月22日午後4時57分。その時の声がとても響いていたので勤務先の人は「病院なのか」とおもったそうです。でもその時はすでに空港にいたと思われます。

そして数時間後出国。

サンパウロから西に500キロ、バルボザ容疑者の故郷ロンドリーナ市にいるとみて地元の警察に連絡をいれていますが、まだ動いた感じがないです。

容疑者の知人によると、「弟の家に隠れている。月曜日の夜にバルボサの母親がレンタカーで空港に迎えにいった」と。

バルボサ容疑者の国際手配も視野にいれていますが、ブラジルとの間には前記しているように犯罪人引渡条約は結ばれていないのです。現地の法律で裁かれる(代理処罰)ことを祈ります。

代理処罰とは
その国の法律で裁かれること⇒国によって罰の重さが違うので日本より軽くなる可能性もある。
ブラジルでもこのニュースは報道されていますし、ブラジルの中でも知れ渡っています。すでに隠れている場所がわかていて、家族だから庇いたくなるのはわかるけれど殺人を擁護してはいけないと思います。
スポンサーリンク

【追記】親族には嘘の話をでっち上げ:愛美がリリィを殺した。

現在潜伏先とみられているブラジルのカンベ

弟の家には、沢山の報道陣がきてしまったので、潜伏先をかえたようです、そして、親族に話した内容は驚くべき話でした

●離婚の話はしていて離婚するならリリィはブラジルに連れて帰ると言った
●リリィちゃんを愛美さんが殺した
●自分にも危害を加えようとしたので愛美さんを殺した
地元メディアにもこの話を伝えたそうです。
しかしリリィちゃんと愛美さんを殺害した人物が別人と思われる報道はなく、警察は死亡解剖事件現場等の捜査で同日人物という判断をくだしているため、バルボサの話は嘘にしかみえません。どんなにブラジルに連れて帰るといわれたとしても、愛美さんがリリィちゃんを手にかけるなんてことは100%ないです。
スポンサーリンク

【追記】結婚はすべてビザのため:愛美もリリィもどうでもよかった

バルボサ容疑者の親族の知人によると
●愛美さんはずっと離婚したいと話していた。
●バルボサは日本ビザを取得するために、愛美さんに知り合った時からしつこく結婚をせまっていた。
●バルボサの計画=結婚、子ども生む、=全部ビザのため
愛美さんの親友は
愛美さんは結婚をすぐする必要性は感じていなかったが、バルボザ容疑者のビザがきれて、子どもの父親を奪ってしまうのはよくないかもとおもって、婚姻届けをだした
と聞いていました。
外国人がビザ取得のため偽装結婚することも多いですから、バルボサ容疑者も結婚相手を物色していたと思われます。
愛美さんに出会った時から「子ども欲しい結婚しよう」としつこかった。
結婚できて、日本にいられるから喜んでいた。しかし娘は可愛がっていたから殺すのは考えられないと知人の男性。
愛美さんは亡くなっているので反論できません。
スポンサーリンク

【追記】バルボサ容疑者が「出頭して事情説明する」

バルボサ容疑者は「自分を弁護してくれる人がいないから、出国した」と話し、「出頭して事情を説明する」と弁護士にはなしたそうです。でも何度もいいますが、愛美さんは亡くなって事実を話せません。今後どうなっていくのでしょうか。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
きゃぴたるはあと

コメント

タイトルとURLをコピーしました