きゃぴたるはあと
アーティスト

乾友紀子金の身長体重は?出身高校や大学はどこ?引退も考えた代表14年

アーティスティックスイミングの乾友紀子さんが

ブダペストで行われた大会のソロテクニカルルーティン(TR)で優勝しました。

水泳世界選手権でソロTRで日本が世界一になるのは初めてです。

2007年メルボルン大会の原田早穂依頼10年ぶりの表彰台です。

この記事では

乾友紀子さんの身長や出身、学歴などお伝えします💛

乾友紀子さんの身長体重は

乾友紀子さんの身長は

169cm  55kg です。

生まれ持ったスタイルの良さもすごいですが

この身長であれだけ筋力つけてこの体重て改めて

アーティスティックスイミングの体力消耗がいかにすごいか物語っている感じですね。

乾友紀子さんの出身は

乾友紀子さんは

1990年12月4日生まれの31歳です。

日本代表を10年間継続されています。

この体力維持能力も素晴らしい。驚異的

競泳選手も、なかなかいないですよね。

滋賀県近江八幡出身です。

琵琶湖東岸に位置する市で、近江商人や安土城で知られています。

幼稚園の時に、この競技に興味をもち、最初は地元のスイミングにかよっていました。

小学6年で大阪の井村シンクロクラブに所属。片道2時間かけて通ったそうです。

ご両親ご家族の協力なくしてはつづけなれなかったでしょう。

ご本人も、小学校の頃が一番つらかったと話しています。

乾友紀子さんの高校

乾友紀子さんの高校は

近江兄弟社高等学校です。

ここはプロテスタント系キリスト今日主義の私立高校です。通称「兄弟社」

このころには世界ジュニア選手権でデュエットで銀。チームでも銅を獲得していました。

乾友紀子さんの出身大学

乾友紀子さんの出身大学は

立命館大学です。偏差値は50~65です

立命館大学に入学した2009年、日本選手権デュエット優勝。2010年ワールドカップデュエットで3位となります。

乾友紀子さんの日本代表14年の想い

乾友紀子さんは日本代表になって2008年の北京、2012年のロンドン。2020年の東京と3度オリンピックを経験しています

恩師であった井村コーチは当時日本代表で指導できる状況になく、日本代表は低迷していました。

ロンドンではメダルを一つも獲得できない状況までおちてしまった日本代表。

水泳連盟シンクロ委員長の働きかけもあり、日本代表のコーチとして戻ってきてから地獄の特訓がはじまりました。

東京五輪では7人目のパートナーである吉田萌選手と代表になった。

最初はお互い言い合えない関係だったが、井村コーチの指導でお互い本音をいいあえるようになりました。

そして、自分を変えたいと願う乾さんが選んだ曲は

「オンディーヌ」を選びました。

これは、奥野史子選手が初めて「笑わないシンクロ」ととばれた「夜叉の舞」という伝説のルーティンにちなんで自ら選んだ曲でした。

「井村先生のもと、自分のやりたかった変化を入れて練習できました」

そして、今回みごと変化をとげた乾さんは

「鳳凰伝説」で金メダルを獲得しました。

✨おめでとうございます✨

乾友紀子金の身長体重は?出身高校や大学はどこ?引退も考えた代表10年

この記事のまとめです。

  • 乾友紀子さんの身長体重は169cm・55㎏です。
  • 乾友紀子さんの中学は
  • 乾友紀子さんの高校は
  • 乾友紀子さんの大学は
  • 乾友紀子さんの日本代表14年、金メダル獲得!

これから、体力勝負となってきますね。体調管理にきおwつけて頑張ってほしいいものです。

×