テキスト
きゃぴたるはあと
テレビ

【元彼の遺言状】犯人は誰?ドラマ原作小説のあらすじから考察(ネタバレあり)

4月11日スタートのフジテレビ月9ドラマ

「元彼の遺言状」が始まることになりました!(初回30分拡大)

主人公の剣持麗子を演じるのは、月9初となる綾瀬はるかさん。

原作は2021年第19回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した新川帆立さんによる同名小説です。

新川帆立さんは東大法学部出身の現役弁護士で、

法律を熟知した上の緻密に練られいるシナリオ。

登場する主人公のキャラの強さ!

事件のアプローチの手法が斬新で、満場一致で大賞に選ばれています。

文体もとっても読みやすくて一気読みする人が多いようです。

ドラマはオリジナルの脚本も加えて、大金を狙いながら毎回事件に巻き込まれ

それを回ごとに解決していく形になるようです。

ミステリードラマとなれば、犯人が気になりますね。

今回は、ドラマ原作小説「元カレの遺言状」の犯人を、あらすじを基に解説していきたいと思います(ネタバレあり)

この番組の見逃し配信はTVerで。

全回すべてゆっくり見たい方は、FODプレミアムでどうぞ

\今なら初回2週間無料トライアル(解除可)/

>>FODプレミアムはここから


「元カレの遺言状」の原作小説のあらすじ

綾瀬はるかさん演じる主役の女性弁護士、『剣持麗子』

名前からして、キャラ強め、頭脳明晰の美人!て感じがしますね。

剣持麗子はクライアントの為には、なんでもあり!で、守ることに全力疾走。

そして、見返りの金銭にも貪欲な女性です。

原作では剣持麗子が彼氏からのプロポーズを

「婚約指輪のダイヤが小さい(40万円ぽっち=軽く見られた)だった」

という理由で断る場面から始まります。

能力もさることながら、人目を引く、美貌の持ち主。

綾瀬はるかさんにピッタリですね。

綾瀬はるかさんは、普段はほっこりしたイメージですが、

過去には「精霊の守り人」「天国と地獄~サイコな2人」で凛としたかっこいい女性を演じています。

今から楽しみですねq(≧▽≦q)

「元カレの遺言状」:プロローグ

剣持麗子はある日クライアントから恐喝罪で訴えられそうになります。

弁護士事務所からの処分に怒った麗子は事務所を出て休職の身になります。

そんな麗子のもとに、「犯人になりたい」という篠田というクライアントが来ます。

なぜ犯人になりたいか

それは、篠田の幼馴染で森川製薬の御曹司である森川栄治が残した遺言状に

「僕の全財産は,僕を殺した犯人に支払う」に書いてあったから。

そして、森川栄治はかつて大学時代に3か月だけ麗子が付き合った元カレだったのです。

犯人特定の制限時間は3か月。

期間を超過した場合、または病死が確定し犯人不在の場合、栄治の財産は国庫に帰属されます。

剣持麗子のクライアントである篠田が犯人と認定された場合、

家族への遺留分・相続税を差し引いても報酬は150億という大金になります。

 

「元カレの遺言状」:森川栄治の死因は?

剣持麗子の元カレである森川栄治の死因はなんだったのでしょうか。

原作では栄治は最初インフルエンザで亡くなったと診断されています。

うつ病を発しており、長年の闘病で心身ともに弱ってインフルエンザで亡くなったと診断書に書かれました。

ここで一旦病死と診断されたのです。

こうなると、栄治の遺産は国に納められてしまいます。

麗子は、クライアントを犯人に仕立てるための計画を練ることになります。

遺産を受け取れる犯人は「真犯人」とは少し意図が異なります。

森川製薬の幹部3人による「犯人選考会」なるものがあり

面接の上、「この人が犯人だ」と全員が認めて初めて遺産が受け取れます。

森川製薬も、犯人不在で持ち株が国に流れては不利益ですね。

しかも、犯人と認定された人は遺産を手にいれて持ち株を持てば、経営に口を出せる立場になりますね。

麗子はこの選考会の本質は「新株主選考会」であると確信しました

まず最初の手法として、麗子は幹部3人の権力のバランスを崩さないように立ち回り、

「犯人=新株主は誰にも属さない」と示したうえでクライアントである篠田を犯人と認めさせようとしました。

しかし、これは満場一致の賛成とはいきませんでした。

「元カレの遺言状」:殺人事件と遺言状の盗難

最初の計画は失敗に終わった後、

栄治の顧問弁護士だった村山が毒殺

遺言状を盗まれる事件が起きます。

遺言状がなくなってしまえば遺産は栄治の父親である金治のものになります。

動機としてはありですが、金治は栄治の遺言状の有効性を争うつもりでした。

他の関係者は遺言書が無効になると金治が有利になるので関係者が遺言状を盗む行為は考えられないのでした。


「元カレの遺言状」原作あらすじ:ここからはネタバレ

剣持麗子は、栄治の死の真相に隠された真実を探り始めます。

そこで栄治の身体には不審な注射痕があったことが判明

その注射痕は、開発中の新薬(筋肉をつける薬)を投与したためで、

その副作用で亡くなったという展開になります。

(ええー、開発中の薬を、筋肉をつけたいばかりに打つってことはあるのかな(;^ω^))

ここは原作者の筋書きに異議を唱えるより、続きをお話ししましょう。

インフルエンザの診断書は知り合いの医者に書いてもらった偽造書で事故死か?となったわけです。

そして、栄治の従兄弟にあたる森川拓未の妻雪乃が自分が犯人だと告白します。

夫である拓未が栄治を殺したと思っていた雪乃が、夫を庇うためについた嘘でした。

ただ、拓未には栄治が亡くなった時間にアリバイが成立していました。

「元カレの遺言状」原作:剣持麗子がクライアントから解任

麗子はクライアントの勝利のために、

拓未の件で幹部の中にいる拓未の父親に脅しをかけようとします。

栄治の幼馴なじみであるクライアントの篠田は

「クライアントの望むことを理解できない弁護士はクビだ」

と、麗子を解任します。

「元カレの遺言状」原作:剣持麗子の新たなクライアント

自問自答していた剣持麗子に新たなクライアントがでます。

それは、栄治の父親である森川金治。

遺言状は金庫ごと盗まれたのですが、その金庫を取り戻すよう依頼を受けました。

なんとか、金庫を取り戻すことに成功した麗子。

金庫の中には、遺言状とともに、2つの遺DNA鑑定の書類がありました。

一つは森川金治と副社長の平井真人の親子鑑定

もう一つは森川栄治と隣に住んでいる堂上亮との親子鑑定。

ここにきて急展開。麗子に負けず劣らずキャラ強そうな親子ですね。

「元カレの遺言状」原作:事件の真相と真犯人

森川親子はそろって「女にすぐ手をだしてしまう」癖があるようです。

親である森川金治は家政婦だった平井と。

息子である森川栄治は獣医の堂上の妻、真佐美と

ただ、堂上真佐美は亮君を生んで亡くなっています。

真佐美の日記から亮の出生の秘密を夫である堂上は知っていました。

堂上はそれを隠して、子供を愛情深く育てていました。

栄治から呼び出されて遺産を分けたいと告げられた堂上は

「遺産を犯人に・・」という遺言状を書き換えられて子供の亮に遺産が分けられる事になったら、妻の浮気も亮の出生の秘密も公表されてしまいます。

堂上は栄治に殺意を抱きました。

犯行時刻、森川の屋敷に忍び込み、栄治に塩化カリウムを注射して殺害したのでした。

そして、新薬の注射を栄治の手に握らせたのでした。

なぜ、亮に遺産がくると浮気がばれるか。

それは、栄治が「元カノリスト」なるものを作成していて、遺産の一部を彼女たちに分配するよう書き残していたからでした。

ということは、、、そうです「元カノ」の剣持麗子にももともと遺産分配はあるんです。

それ以上にお金を頂くべく、奔走していたということです。

一体何人彼女がいたんだろうか・・・鬱だったというのに・・。

母性本能をくすぐられるのでしょうか。

フィクションとはいえ、ひと昔前の時代のような・・・(⊙_⊙;)

 

あらすじに戻ります。。

栄治の顧問弁護士の村上から、

栄治の元カノだった亡くなった妻への遺産を受け取るか聞かれたときに、村上にも殺意が芽生えました。

村上は堂上が動物用として所持していた附子(ブシ)をタバコに塗りつけて殺害されたのでした。

元カノリストが金庫の中にあることを聞かされた堂上は金庫ごと盗んで捨てたのでした。

家族への愛が堂上を突き動かしたんですね。

哀しくて、身につまされますね・・・。

「元カレの遺言状」原作:遺言状の真の意図は

遺言状の真の意図は

「財産(ゲノムゼットの所有株)を国庫に納めること」

森川製薬が開発していた新薬。

その開発のために、遺伝子技術に優れた「ゲノムゼット社」を拓未が買収した。

買収後、会社がヤクザから狙われていたことが分かった。

ヤクザからの嫌がらせも出始めていました。

そこで、

きちんとゲノムゼットの内情を調べなかった拓未に責任を負わせないため。

ゲノムゼット社の株を国庫に渡して処分するため

そして新薬の認可をおろしてもらうための時間を稼ぐために

あのような遺言状を書いたというわけです。

銀治と家政婦の間に生まれた平井は母親の復讐のため、森川製薬から森川一族を追い出すことに目を光らせていました。

栄治は平井を犯人選考会にとどめさせて、拓未の汚点を隠蔽しようとしていた。

ここでも画策していたのですね。

「元カノの遺言状」原作の結末

最後、拓未が栄治との計画が成就したので、弁護士の麗子に事をゆだね、自分は経営から退くと言ったため、

真実に口を閉じ、拓未の顧問弁護士をする流れで終わります。


しゅのんの総評

今回は4月の月9に放送されることになった「元カノの遺言状」ドラマ原作の犯人は?

ドラマ原作小説のあらすじ(ネタバレあり)を解説いたしました。

モーほんと面白いので、ぜひ小説読んでいただきたいです。

月9では、ドラマオリジナルということなので、原作と比較しながらも面白いですね。

綾瀬はるかさんの活躍にも期待大です。

剣持麗子は続編で「倒産続きの彼女」も刊行されています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


×