きゃぴたるはあと
元彼の遺言状

元彼の遺言状第10話あらすじは?視聴率感想まとめ!裁判はHERO?

「元彼の遺言状」第10話が放送されました。

 

今回も楽しませていただきました。

ではあらすじネタバレと、視聴率・SNSの感想まとめをお伝えします。

裁判所の俳優さんから想像するキーワード

事務所の下の古本屋のおじさんが持っていた本にキーワードはちりばめられていましたね・

元彼の遺言状第10話 あらすじネタバレ

ついに「十ヶ浜強盗殺人事件」の田中守の裁判員裁判が始まった。

証拠は田中を犯人と決定するものばかり。

でも、古本屋の家主さんが読んでいた本は

「オリエント急行殺人事件」

「検察側の証人」だった。

検察側の証人は

リストランテ「プロメッサ」のオーナー藤巻(遠山俊也)

酒店店主 瀬戸(金井勇太)

プロメッサ従業員美月 (成海璃子)

旅館のオーナー亀田(勝矢)

最後に出てきた美月は、最初は田中守が外にでていないと証言していたが

けっきょく、お昼に借りていたタクシー代金を渡していたことがわかり、

その日田中守が外にでていたこと

美月がストールをかけたことを証言することになった。

麗子は刑事の橘五郎と松田大樹とともに、村人を改めて村人をリストランテ「プロメッサ」に集めた。

事件を結びつける鍵は「電話」

電話を田中がもらったとき、高瀬診療所の風見鶏の音がした。

あの電話は高瀬医師か高瀬医師を送った亀田が篠田にかけたもの。

高瀬医師は6年前の事件のことを知っている。

つまり、高瀬医師は自殺だったのだ。

あの日、酒を飲んだ田中は夜風にあたるために外にでた。

美月が田中のポケットに借りたタクシー代を入れてストールをかけた。

寒くなって目を覚ました田中は店の中にもどってくる。

その時、今集まっている村人たちがいて、被害者はすでに犯人によって刺されて亡くなっていた。

そして、身寄りがない田中と、犯人を天秤にかけ、田中に罪を擦り付けたのだった。

全員で犯人を隠蔽し、田中に罪を擦り付けないといけない犯人。

それは、村人たちが常日頃から頼っている人物

つまり

小笠原を殺害したのは高瀬医師

田中が外に出ている間に、小笠原が村人に返済の期限を今月末にすると言い出したのだ。

返済できないなら、担保にした土地を頂く

その土地をリゾート開発会社に売り渡す。

村のほとんどの人が小笠原にお金を借りていた。

亀田がナイフを持って迫ったとき、小笠原の背後から高瀬医師が小笠原を刺したのだ。

そして、村の人たちの安易な考えで、高瀬先生を苦しめ自殺に追いやった。

 

田中は無罪となり、津々井弁護士は引き抜きをやめ、栄治が残した事務所を麗子と篠田は続けることになった。

====

本屋の読んでいる本がアガサ・クリスティーの「検察側の証人」で

本を置いた下に

「オリエント急行の殺人」の文庫本がみえるようにするあたり、展開が見えてくる。

もう裁判からこんな展開になりますよ。といった感じでしたね。

裁判のシーンはかなり見ごたえあったと思います。

イライラした方もいるかもしれないが、あれが本当の裁判。

弁護人からの質問→検察からの異議申し立て→裁判長が認め、却下し裁判は進んでいく。

それを丁寧に積み重ねながら法律にのっとり、真実と罪を明らかにしていく。

最後の「シャーロック・ホームズの冒険」は

麗子と田中のバディーがこれからも続くよっていうことかな。

併せてこちらもどうぞ♪

元彼の遺言状第9話の視聴率感想まとめ!あらすじと犯人は?
元彼の遺言状第8話のあらすじと視聴率感想は?篠田への麗子の行動

元彼の遺言状第10話 視聴率は

第10話の視聴率は前回から0.8ポイント高い

8.8%でした。

元彼の遺言状第10話の感想は

放送が終わって、いくつかの話題が

裁判のシーンがHEROだった♪

元彼の遺言状の田中の裁判のシーン。

検事= 八嶋智人さん

裁判官=正名僕蔵さん だったため

ドラマ「HERO」ばりじゃないかという感想が多数。

「成長して出世したんだ~」と感慨深げに感想を言っているSNSも。

旅館の主人をしていた勝矢さんもHEROに出ていたので、なおさらですね。

「月9にHEROがきたーー」
「裁判のシーンが半分くらいHEROだったな。出世したんだなぁ~て」
「最後に検察と裁判長と旅館の主人もHERO思い出す」
「法廷のシーンがまるでHEROのキャスティングだったな」
「HEROな役者さん多かったな」
「撮り方や終わり方がHEROそっくり・・」

他方からもみることができて楽しませてくれましたね。

ドラマはこれで終わりじゃない♪

流れ的に最終回かな~とおもいきや、そうじゃない。

「ここで最終回のならない感じが、このドラマの信頼できるところって感じ」
「とても良い終わり方だった・・・とおもったら来週が最終回なんだ」

なんとなく、流れでそう思うのは無理ないかも。

まさかの次の月9の原作も同じ作者の方なので、この流れで繋げる??

もしや、殺されたのは富治で栄治とすり替わった?

今回、法廷に来ていた人は初回でみた富治とかなり違いますよね。

まるで栄治に見えたのは私だけではなかったようだ・・・

「もしか、第1回で亡くなったのは元彼の栄治ではなく富治だったとか・・」

村人の犯人捏造は許せない♪

最後、麗子が村人たちが田中に罪をなすりつけた理由に

思いっきり想いをぶつけましたね。

自分たちのエゴで田中も高瀬先生の人生がくるってしまった。

どんな気持ちで6年も過ごしていたのだろう。。と思うとやるせないですね。

麗子も憤りを隠せず、堂々と村の人たりに、言いました。

のくだり、良かったですね。綾瀬はるかの演技力も相まってグッときちゃいました。

「マジで許せない」
「罪軽すぎでしょ」
「高瀬先生、自殺の前に自首じゃないの?」
「オリエント急行ばりだけど、誰か出頭すればいいじゃん」
「小笠原を殺しても、借金はなくならないんじゃ・・」
「透明人間になってる人の気持ちわかんないのかな」

元彼の遺言状第10話あらすじは?視聴率感想まとめ!裁判はHERO?

「元彼の遺言状第10話」この記事でのまとめです、

  • 犯人は高瀬医師。村人が犯人を田中になるよう捏造した
  • 高瀬医師は自殺
  • 視聴率は
  • 感想まとめ
  • 次回最終回

次回の最終回は、麗子がいなくて、田中と紗英(⋈◍>◡<◍)。✧♡さんがミッションに臨む最終回です。

これで、映画へと流れがくるのか・・・。

月9は、綾瀬はるかの映画を挟んで、同じ原作者である新川帆立さんのドラマ「競争の番人」が始まります。

楽しみですね。

×