テキスト
きゃぴたるはあと
元彼の遺言状

元彼の遺言状篠田の正体は?第4話から5話で判明?あらすじコメントから考察

「元彼の遺言状」1話完結のスタイルで進行していますが、伏線で篠田と栄治の関係が徐々に明らかになってきてますね。

4話が終わった時点で「篠田は一体何者?」ていうコメントがたくさんありました。

篠田敬太郎は一体何者なのか。

4話あらすじと5話あらすじネタバレともに、重要シーンをあげてみながら考察してみたいと思います。

元彼の遺言状篠田の正体は?第4話のあらすじ

「元彼の遺言状」第4話は小説家が起こす殺人事件の騒動です。

第4話で見つかった遺体は自殺にみせかけた殺人と判断された。

その方法がかつての売れっ子作家の新作に書かれていた。

自称小説家志望の篠田が小説愛を爆発させることで、事件解決に一役かっていました、

======

ラストで「僕は大学に行ってないから」というセリフを吐きます。

え?篠田は栄治の先輩だったんじゃないかったんだ。

4話放送終了後

  • 何者?
  • なぜ嘘を?
  • 怖すぎ・・
  • 栄治もだまされてて、本当は悪い人なんじゃ
  • 謎が深まって、面白くなってきた

とコメント続々あがっていました。

第5話あらすじと篠田の謎がとける?

「元彼の遺言状」第5話は

暗闇になったパーティーで発生した殺人事件です。

剣持麗子と篠田敬太郎は前回の出版社の契約を逃したことでもめてしまった。

5話では冷戦状態の2人に対して剣持麗子は津々井弁護士に篠田健太郎は紗英に誘われて行ったパーティーはM&S社が経営しているレストランでした。

同社は上場を控えているらしく、会場には大企業の幹部や大物投資家たちが顔をそろえていた。

M&S社は森川家の投資顧問だった。

パーティー会場で暗転し、挨拶が始まる。

M&S社の代表取締役の真梨邑礼二が挨拶を始め、共同代表の庄司健介への感謝の言葉を口にした真梨邑。その瞬間会場の後方で音が響き、投資家の久野が殺された。

殺人事件がおこって2人は言い争いになってしまって。バディー解消の危機に陥る。

==========

第5話では、篠田と栄治の出会いが明らかになります。映像では栄治さんずぶぬれなんですよね。

何がおきたのか?そこから別荘に住まわせるまでになった絶大な信頼関係が築けたのか。

そして、麗子が放つセリフ「篠田は警察を避けているようだ」

篠田の正体は?あらすじから考察

人の観察力が高い篠田。

出版社の受付のお姉さんが副業していることを瞬時にあてたり

推理の的がすごい。

警察から逃げている・・・といっても、悪い事をしている人には見えない。

栄治さんの絶大な信頼を得ていたことからもそこはずれてないかな。

人に近づくのに、上手な嘘(人物像)をつくるのもお上手ですし

探偵とか、刑事とかしていてバレるのが嫌だから逃げている。。。感じに思います。

推理小説がとても、好き→小説家志望となっていますが、どうでしょう。。

栄治さんが「しのだをよろしく」といった遺言もこのあと真相がわかってきますね。

事件を起こしているから「しのだをよろしく」なのか

栄治さんにとって恩人だから優しい麗子に「しのだをよろしく」なのか。

というか、「弁護を宜しく」なのか?

小説家を狙いすぎて、破産して家族一家離散・・とかもう色々考えられるのですが。

あんなにいろんな人に遺産をあげておいて、篠田には本だけって・・・。

そして、栄治を殺した犯人にしてくれ・・て頼んできましたよね。最初。

あれはただ原作に沿わせただけなのか。これが後で伏線になっている気もします。

元彼の遺言状篠田の正体は?第4話から5話で判明?あらすじコメントから考察まとめ

では、まとめてみましょう、

  • 4話えは篠田が大学の先輩ではないことが判明
  • 篠田は、人間観察が鋭い。推理力が高い。
  • 5話では篠田は警察から逃げているようだと麗子に言われる
  • 篠田は栄治から絶大な信頼を得ていた。
  • 原作に沿って。。とはいえ、篠田は遺産を狙って麗子に頼んできた意図は
  • 栄治からのメッセージの「しのだをたのんだ」は弁護を頼んだなのか、生活を頼んだなのか。

篠田さんは、悪人ではないことは確かですね。最後にどんでん返しとかあるのかも。

今後もこの伏線は考察していきたいです。

元彼の遺言状第5話の評価感想は?篠田の正体は?SNSまとめ「元彼の遺言状」第5話放送されました。 この記事では、視聴者の評価・感想と気になる篠田の正体がわかったのか? SNSとまとめ...

 

×