きゃぴたるはあと
薔薇

無農薬でバラを育てる フロリバンダ

こんにちわ!しゅのんです!

バラって最初は難しいとか大変とかおもいますよね。でもひとつずつ紐解いていくと面白いですよ。

先人たちが何度も交配を重ねて、種類も増えてきました。

今回は・・・フロリバンダです!

フロリバンダとは

ハイブリッド・ティーやフロリバンダなどは。モダンローズの系統に入ります。

最初にお話ししたように、バラは元々ヨーロッパに自生していたバラ【原種】を何度も交配をしながら種類を増やしてきました。日本にある台木としてよく使われるノイバラも原種の一つです。

1867年に【ラ・フランス】という四季咲き性のバラが発表されたのを境にして、それより前に作られたバラを【オールド・ローズ】、それ以降に作られたバラを【モダン・ローズ(現代バラ)】と分けて呼ばれるようになりました。

【オールドローズ】は

フロリバンダの基本情報

【フロリバンダ】は【ハイブリッド・ティー】と並び、モダンローズの系統になります。花付きの良いポリアンサローズとハイブリットティーローズの交配により誕生しました。

木立性でハイブリッド・ティーにくらべると、花の径は中輪で5~10cm前後です。房咲きと言ってブーケのように沢山咲かせます。四季咲きなので、【四季咲き中輪系】とも呼ばれます。種類も豊富で、花の形も柔らかな花びらをもつバラが多いです。樹形もコンパクトなものが多いです。

香りに関しては、強香と言われるものはハイブリット・ティーに比べて少ないです。でも丈夫で育てやすい品種が多いです。

代表的なバラは

【アイスバーグ】次々と株一杯に咲いて、切った先からすぐ枝はをのばしてくれます。とても丈夫で初心者向けです。真っ白なアイスバーグ、少しピンクがかったピンクアイスバーグがあります。

【ゴールドバニー】黄色系としては良い香りです。丸カップ咲きで弁先が白く波打つように開花します。こちらも強健種で育てやすいです。【ゴールド。バッジ】とも呼ばれます。こちらはつる系もあります。

【センチメンタル】はっきりした紅白絞りのバラです。他の人とちょっと違ったバラを持ちたい時はこういうのもステキです。こちらは大輪に近いです。絞りは一つ一つ微妙に違うのでそこも魅力ですね。アメリカにある名門セーナリー、ウィーンクスローズ社のバラで、1997年にオールアメリカローズセレクションという賞を受賞しました。

フロリバンダの育て方。

  • すべてのバラに言えることなのですが、日当たりと風通しはとっても大切です。庭の環境があまり良くないと思う時は鉢をおすすめします。季節によって移動できるからです。
  • 梅雨の時期も鉢だと表面は湿ってても中が乾いているということもあるので、鉢の重さを見ながらお水をあげるようにします。
  • 栄養を与えすぎると、かえって病気や害虫にやられやすくなります。特に暑い時期はあげすぎに注意が必要です。
  • マルチングは大切です。これも、病害虫から回避するためのアイテムだと思ってます。水分の蒸発や土の跳ね返りを防ぎ、根っこを食い荒らすコガネムシの産卵から守ってくれたりします。私が実際使用しているものをまたご紹介したいと思います。
  • 保水力と水はけの良い土となると、堆肥と赤玉を3対7が基本です。堆肥は色々あるので迷うところですが、腐葉土はコガネムシが付きやすいように思うのでバークたい肥をお勧めします。本格的に有機栽培にしたい方はまだ後ほどお話ししてみたいと思います。
  • 病気になった葉はなるべく早くとってしまいましょう。黒点病などは、葉っぱが全部落ちてしまっても、バラは水分があれば復活します。風通しが悪いと、ハダニが出やすいのでそちらを気を付けましょう。

フロリバンダローズの楽しみ方

フロリバンダは育てやすいので、挿し木にしても成功率が高いです。株を増やしたい時は挑戦してみても良いですね。

切り花にも向いてます。

房咲きなので花数が多いのですが、房は中央が最初に咲いて時間差で他の花が咲きます。そうなると房の中でも花の大きさが違ってきます。栄養が偏るからですね。なのでそれを回避したいとおもったら、最初の中央のつぼみを咲く前にピンチします。そうすると他のつぼみが時間差がなくなり咲きそろえることができます。

ハイブリッド・ティーで大きく長く咲かせたいと思うときは側のつぼみをピンチする事もできますが、私はそのまま咲かせちゃいます(^▽^)/自分の好きに楽しんでください。

四季咲きはいろんな表情をみせてくれるので、そこも魅力の一つです。初夏と秋では色の濃さとか咲き方の違いも楽しめます。

管理人しゅのんの総評

いかがでしたか。

まだ話したりない部分もたくさんあるのですが、少しずつ情報をお伝えで出来ればと思います。

沢山咲かせてくれると、見てて愛おしくなってきます。色の種類も豊富にあるので、じっくり選んでお気に入りのバラと暮らしてみてくださいね。