JavaScript 1 渋谷母娘刺傷事件犯人の生い立ち「酒鬼薔薇聖子」無差別 | きゃぴたるはあと
スポンサーリンク
渋谷母子刺傷事件

渋谷母娘刺傷事件犯人の生い立ち「酒鬼薔薇聖子」無差別

渋谷母子刺傷事件
スポンサーリンク

連日の報道で少しずつ解明されている渋谷母娘刺傷事件の犯人の埼玉戸田市の中学3年生の少女についてすこしずつ解明されてきています。

犯人の少女の生い立ちや学校に注目が集まってきています。

スポンサーリンク

渋谷母子刺傷事件の報道内容

20日夜、東京渋谷区神泉駅そばで母(53)娘(19)が背中など包丁で刺されて重傷を負った

刺した少女を母親が取り押さえ現行犯逮捕

その後捜査関係者への取材で、逮捕された中学3年生の少女が「家族を殺す練習のために2人を殺そうと思ったという趣旨の供述をしている事がわかりました。

少女は数時間前から現場周辺を物色していて、「人気のない場所を探した」と供述しています。
スポンサーリンク

現行犯で捕まった少女:顔はカワイイ華奢な中3

刺した母親のほうに抑えられて現行犯でつかまった少女について

  • 埼玉県戸田市在住
  • 武蔵浦和駅が最寄
  • 市立中学の3年生
  • 白い上着に黒いスパッツ
  • 華奢な体系
  • 顔は可愛い
  • 父親がいるかどうかは不明(5ちゃんでは離婚して片親という情報もあり)
  • ひきこもりだったと言われている
  • 学校には週2保険登校していた
  • 家から包丁をもってきた
  • 母親と弟を殺すための予行演習だった
  • 塾は週2言っていて、朝「塾にいってくる」とでてきた
  • 午後数時間かけて予行演習する人を物色していた
  • 死刑になりたいとも言っている
  • すぐキレる母親に自分が似てきているとも話している

事件がおきたころと次の日、母親と一緒に少女を取り押さえていた人が証言したことば

靴は履いておらず、靴下だけだった
というのは、少し怪しくなってきました。
今日、放送された報道で防犯カメラが公開されましたが、
そこには、親子を後ろからつけている少女が映っていました

 

こちらは、防犯カメラで公開されたものです。

靴はいて後ろをついていっている!
明らかに靴を履いています。ということは前回管理人が「ホテルからでてきたのでは」という予想ほぼなくなります。
そうなると、
「ヤングケアラーかもしれない。」「母親から強制されているかもしれない」という想定は全くなくなり、少女のサイコパスな考え方が反対にゾッとしてきます。

お母さんは流血しながら叫びながら取り押さえています。

「あんただれ?どうしてこんな事するの!!」と大肥で抵抗
「取り違えてたら承知しないわよ!」

当たり前ですね。娘さんは重傷になるほど刺されてしまったのですから。それでも親。すぐ少女とわかり娘がやられた悔しさと子どもがここまでやることへの哀れみが交錯していたんだとおもいます。

お母さんは100m前くらいから「なんかつけてきている」感じがしていたそうです。

SNSでも母親を称賛し、体調を気遣うコメントが多かったです。

「母強し」
「すげーなハハ」
「母のお蔭だね」
「母ちゃんお手柄」

犯行当時は母親に「塾に行く」と言って外出したようです。

ということは塾にいけるだけのお金が家庭にあるということになります。生活がギリギリの状態だったのかもしれません

コミュニケーションがあったかどうかは親がしつこくヒステリックに聞いてくれば少女なら嘘でも返事はするとおもわれます。

母親は殺したいくらい嫌だけど、それは親から逃れられない状況がすごいストレスだからで、これをコミュニケーションがあると判断するには強引な気もします。

片親で母親が仕事を掛け持ちしていていヒステリックになってしまったのか、家庭の問題は見えにくく闇が潜んでいる気がします。

近くの学童に務めている友達は、毎日がたまらなくストレスだと。それは子どもと親の関係はあまりにひどい子がいるから。愛情ない子たちはねじれて育ってしまう。短い時間で時間外も対応してあげたとしても、ほんの少しの力にしかならず、将来を想うとすごくストレスになると話してました。

tokou

5ちゃんではサイコパスな少女ということで「酒鬼薔薇聖子」と名付けられていました。
「酒鬼薔薇」というのは1997年に起きた「神戸連続児童殺傷事件」の時、犯人が自らなのった名前「酒鬼薔薇聖斗」です。
神戸連続児童殺傷事件とは、1997年(平成9年)2月 – 5月にかけて兵庫県神戸市須磨区で発生した連続殺傷事件(少年犯罪)。男子中学生(事件当時14歳:神戸市立友が丘中学校3年生)が相次いで小学生5人(2人死亡、3人重軽傷、そのうち一人は遺体をバラバラにされて頭部を中学校正門に遺棄した)を殺傷した。犯人の少年が酒鬼薔薇聖斗(さかきばらせいと)と名乗っていたことから、「酒鬼薔薇事件」「酒鬼薔薇聖斗事件」とも呼ばれる。
             ウイキペディアより
他にも過去に下記のような事件が起きています。
2004年の佐世保小6女児同級生殺人事件は怨根から旧友を断首手前までカッターナイフで斬りつけ、殺害した事件
加害少女とされる女児がNEVADAという文字入りの服をきていたのでニックネームとなった
2014年にあった、佐世保女子高生殺人事件は被害者は佐世保市の女子生徒。遺体が発見されたマンションに住む同級生の女子生徒が後頭部をハンマーで殴打。首を絞めて殺害。首と左手首が切断されていた。この少女は2024年まで医療少年院に収容決定すみです。
同様な判決になると、医療少年院でしょうか。
スポンサーリンク

戸田市立中学:全部で6校記者会見あり

戸田市の住所なので、戸田市立中学校を探してみました。

戸田市にある市立中学校は全部で6校

戸田市立戸田中学校
戸田市立戸田東中学校
戸田市立新曽中学校
戸田市立笹目中学校
戸田市立喜沢中学校
戸田市立美笹中学校

「学校ではトラブルはない」と供述しているようですが、以前から学校には週2で保健登校しているようです。

hokentoukou

幼い頃からヒステリックいなったことはなく。部活や友達の問題で登校できなくなっていたそうです。家庭でも暴れたりヒステリックになるような子どもではなく、

母親の嫌なところが自分がにてきたのが嫌だった。中1の終わりごろから不登校になり保険室にかよっている。

刃物は事前に準備し、自分の部屋で保管。自分のおヘやがある時点でそんなに貧困でもなさそうですねきょう教育委員会の会見があるようなので、経過をみていきます

スポンサーリンク

【追記】教育委員会の会見:まったく意味ない会見

教育委員会の会見は全く情報がないということでした。一刻も早く対応したいというきもちがあるが、何も情報を得ておらず忸怩たる思いがあるということでおわってしまいました。

長い間不登校だった生徒に対して、ほとんど対応していなかったということです。哀しい事です。

次の日教育委員会は中学校を特定できたと発表。しかし在籍する生徒や保護者の心情をかんみて、詳細については発表を差し控えるとしています。

スクールカウンセラーなどを活用して子どもらの心のケアを行い、命を大切にする指導も行うとしました。

他の生徒や保護者の動揺がいかなるものか想像しきれないです。どうか生活に支障のないよう教育員会はケアをきちんとしてほしいと思います。

他の生徒の事を考えると、中学3年生ですし仕方ないかもしれません。

スポンサーリンク

【追記】少しずつ分かってきた当日の様子

犯人の中3の少女は1年3学期から不登校。2年生で一度登校はじめるが、3年になって再び不登校に。週に2回保健室登校していたようだ。

やはり、「週2で保健室登校」は合っているようです。

20日昼に「塾に行く」といって家をでる

午後2時ごろに新宿駅につく。

それから渋谷まで徒歩でむかった。歩いて1時間ほどの距離↓
それから犯行まで5時間あり。
(その間なにをしていたのか取り調べが続いています。)
所持品
リュック(スマホ)
所持金は500円。それも電車賃でほぼなくなり、電子系のものももっていなかった。
スマホも持っていたようですね。当初の報道と違ってきて少しずつ真相がみえてきています。
引き続き経過を見ていきたいと思います。
スポンサーリンク

【追記】改めて事情徴収から確定した少女の人物像

少女の供述により明らかになった事項

  • 塾にいきたくなかったので当日はもう頑張れないと思い電車に乗った
  • 死刑になりたいとおもい、たまたま見つけた2人を刺した。
  • 自分の母親と弟を殺すための予行演習だった。
  • 以前から人を殺したい願望があった。
  • 自分のイメージに一致した路地だった。時間も遅いので今やるしかないと思った
  • 日頃からナイフを持ち歩いていた
  • 怒ると不機嫌になったり、顔に出る母親の嫌な性格が自分に似てきた。それが嫌になって、お母さんを殺そうと思った。母親を殺すときに、弟がそれを見たらかわいそうだと思い、いっそのこと弟も殺してしまおうと思った

少女の母親の聴取:元はおとなしい子。少し厳しくしていたかも

加害者の少女の母親は事情聴取に

  • 少女は小さい頃から特に反抗することがなかった
  • 学校に入って部活を辞め次第に不登校になっていった
  • 最近は来年の受験に向けて私が勉強をしっかりやるように問い詰めたり、塾にいけていないのを少し責めたりしていた

少女が住んでいたとされる戸田市内のアパート:家賃6万円2DK

デイリー新潮編集部では少女の住んでいたアパートは特定できているようです。報道にきちんと記載しています。未成年だからか伏せてあります。

ご近所の人も全く付き合いがないようで、どんな一家かもわからないということのようです。思えば、最近のアパートでも近所付き合いをしない方は増えているのでさしておかしいころではないようすです、

少女の母親の聴取:元はおとなしい子。少し厳しくしていたかも

加害者の少女の母親は事情聴取に「少女は小さい頃から特に反抗することがなかった。」「中学校に入って部活を辞めたり、次第に不登校になっていった。」「最近は来年の受験に向けて。私が勉強をしっかりやるように問い詰めたり、塾にいけていないことを少し責めたりしていた」ということです。

また、「おとなしくて、生真面目。あまりしゃべるタイプではなく、冷静に淡々と物事をこなすタイプ。何か主張をするときには、小さいころから、感情的になることはほとんどなかった」

普通このくらいはどこの家庭にもある事のように思います。少女自身が日頃からナイフを持ち歩いていいたところをみると、ネットからの情報から頭の中で色々考えるようになったのでしょうか。

中学も一部特定したという情報も入ってきていますが。もう少し様子見ようと思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
きゃぴたるはあと

コメント

タイトルとURLをコピーしました