テキスト
きゃぴたるはあと
元彼の遺言状

元彼の遺言状白鳥玉季の演技は下手で滑舌悪い?評価は?口コミまとめ

「元彼の遺言状」第4話が放送されたました。

検索すると、ゲスト出演してた白鳥玉季さんの「演技が下手」「口下手」のキーワードがでてきます。

今回の簡単なあらすじと共に

白鳥玉季の演技の評価・コメントを集めてまとめてみました。

元彼の遺言状第4話あらすじ

剣持麗子は企業の顧問弁護士について、調べる。

狙いは老舗企業と提携している高齢の弁護士。引退間近の彼らにかわって契約をとろうろしていた。

敬愛する女性ミステリー作家秦野簾(宮田早苗)が大ヒット『胡桃沢啓二シリーズ』の最新作の発表することになっていた。

会見で秦野は「私は、人を殺しました」と告白します。

これまでも、秦野は読者に対して、謎解きの挑戦状を出していて、今回もそうに違いないと思っていた。

しかし、秦野が明かした殺人現場には本当の男性の死体が見つかる。

一方で、ある女性が『自分の夫を殺した』と出頭してきた。

その男性とは、秦野が殺したと告白した男性と同一人物だった。

剣持麗子は出版社の弁護人になのりを挙げ、出頭した女性のもとにいく。

ここで、問題なのは、発表される本と酷似していた殺人方法だったから。

事務所に戻った剣持麗華のもとに、女性の子供(白鳥玉季)が母は無実なので弁護してほしいと言ってくる。

なくなった被害者は子供に暴力をふるっていた。

まさか・・こどもが原稿を読んで犯行におよんだ?

犯人は秦野簾だった。13年ぶりに出した本を売れるようにするために、わざとかなこさん親子に読むようにしむけた。

でも、なかなか読まない。犯行に及ばない。だから自分が手をくだした。

といった内容でした。

剣持麗子は最初に手袋をしているのに、爪に赤いマネキュアをしてる秦野簾に気づいていた。

白鳥玉季さんの演技は下手で滑舌悪い?評価や口コミまとめ

白鳥玉季さんの役は夫を殺したと出頭したかなこさんの娘役です。

お母さんを助けたい一心で自分が本を読んだと言った。

視聴者からの評価が次々投稿されていました。

  • 白鳥玉季ちゃん。お姉さんになったね。テセウスの頃に比べて声もしっかりして役もハマってて良かった
  • 玉季ちゃん、だんだんカッコよくなってくる~
  • 白鳥玉季ちゃんがキレイに成長してきてますね。可憐さそのまま美しくなって将来楽しみ~
  • 白鳥玉季ちゃんどんどん美人になるなぁ。
  • 白鳥玉季ちゃん成長して演技も益々うまくなってきてるね
  • 声も低くなって落ち着いたね。
  • 白鳥玉季ちゃん、声も変わってびっくり~素敵になったね

などなど、高評価が続々。

「滑舌悪い」とか「演技下手」はほぼ見つけられませんでした。

さすが天才子役と言われただけありますね。

成長が楽しみです。


元彼の遺言状白鳥玉季の演技は下手で滑舌悪い?評価は?口コミまとめ

「元彼の遺言状」第4話での白鳥玉季ちゃんの演技は、滑舌もよく

益々磨きがかかって高評価でした

滑舌は声が低くなったのとお母さんの罪に問われているのをなんとかしようと思っているのをグッと押し殺して演技している感じが

すごく出ていましたね・

恐い空間だった家。そこで殺された怖かった原因のお父さん。

大好きなお母さんが犯人にされているとき、子供はどう動くか。すごく考えていると思いました。

これからの成長が楽しみです。

白鳥玉季は下手?出演作品は?どこで観れる?口コミ評価まとめ白鳥玉季さんは、1歳のころから企業の広告ポスターなどで活躍されていました。 最近では「元彼の遺言状」第3話にゲスト出演することが決...
白鳥玉季は下手?出演作品は?どこで観れる?口コミ評価まとめ白鳥玉季さんは、1歳のころから企業の広告ポスターなどで活躍されていました。 最近では「元彼の遺言状」第3話にゲスト出演することが決...
×