きゃぴたるはあと
生活

金田一少年の事件簿第3話白蛇蔵殺人事件の漫画何巻?あらすじネタバレ

「金田一少年の事件簿」第3話は「白蛇蔵殺人事件」の放送が決定!

これも、人気エピソードです!

原作の何巻なのか。あらすじネタバレをお伝えします。

白蛇蔵殺人事件は漫画の何巻目

白蛇蔵殺人異事件は「金田一少年の事件簿R」の10巻11巻です。

白蛇蔵殺人事件原作あらすじネタバレ

金田一と美雪は家族旅行中に剣持警部と出会う。

剣持警部はある事件を追っていたので合流することに。

剣持警部が行った先は「白蛇村」というところだった。

白い蛇を神様の使いとして崇めている。

そこにある老舗の造り酒屋の「白蛇酒造」

白蛇酒造は白神音松と3人の息子

左紺・蓮月・黄介 がいた。

蓮月は5年前の火事で行方不明だったが

失った記憶が戻り2か月目に帰宅。

マスクをかぶり、身元が特定できないため、

DNA鑑定などを済ませ一応次男の蓮月ということになっている。

ひとまず酒蔵を案内をしてもらうことになりました。

そこで、樽に浮かぶ蓮月の死体が。

最初、長男が犯人と思われたが、次は長男の佐紺が

疑われたが、いったん収まる。

長男の左紺と次男の蓮月は腹違い。蓮月は酒造りの才能があったため

音松さんは蓮月に譲ると言い出した。これが兄弟の確執の始まり。

左紺・蓮月と黄介で腹違い。ただ佐紺と黄介は仲が良かった。

そして。蓮月が杜氏を継ぐため白蛇神社にこもったときに火事がおきて

蓮月はいなくなった・

黄介が、火をつけて殺したのちに失踪したことになっているが、真相は闇の中。

ここで、剣持警部が白蛇村にきた理由を話す。

もぐりの医者を殺して逃走している「鬼門影臣」を追ってきた。

======ネタバレ

次男として家にはいってきたい人物は「鬼門影臣」だった。

逃走したとされていた黄介は整形し

別人となって、杜氏見習いとして侵入。

本当の蓮月は佐紺に殺され、黄介本人は「蓮月殺害」の罪をきせられていたのだった。

黄介は鬼門と佐紺をころした。

一方旅館の女将鏡花は、音松の妻となるべく、音松の2番目の妻を殺害し

それを左紺にみられたため、結託したのだった。

鏡花の本当の目的は先妻の子供をすべて殺すのが目的だった。

しかし、子供達を殺すために用意した蛇に自らかまれて亡くなる。

===========

白蛇村殺人事件は長いし、複雑な関係なのですが、1話分で放送されるとなると。

もしや、あらすじを変えてくるかな・・、

白蛇蔵殺人事件原作は何巻?原作のあらすじネタバレは放送と違う?まとめ

  • 白蛇蔵殺人事件の原作は「金田一少年の事件簿R」の10巻11巻
  • あらすじネタバレ・・かなり複雑な殺人。
  • この原作通りだと1話ではおわらないのでは。。、

実際の「放送がはじまるのがたのしみです。

×