きゃぴたるはあと
テレビ

反田恭平は父と仲が悪い?ショパンコンクールまでの確執を解説

こんにちは。しゅのんです。

2021年に開催されたショパンコンクールで、念願の入賞を果たした反田恭平さん。

参加資格ギリギリの反田さんにとって最後のチャンスで勝ち取った入賞は至福の時間だったことでしょう。

ところで、調べてみるとお父さんとの不仲があるようですが、こんな才能あふれた人が・・。と思って調べてみることにしました。

反田恭平の経歴

  • 本名   反田恭平(そりたきょうへい)
  • 生年月日 1994年9月1日
  • 出身地  北海道生まれ 東京育ち
  • 血液型  AB型
  • 職業   ピアニスト 実業家 指揮者
  • 役職   ジャパン・ナショナル・オーケルトラ代表取締役兼CEO

反田さんのご家庭はいたって普通の家庭のようです。

耳が凄く良いとわかって、ヤマハに通わせたお母さん。

ピアノを本格的に始めたのは、12歳のころ

中学でピアノが本当に好きだと確信。

それから、数々の賞を獲得、今年長年の夢だったショパンコンクールで2位入賞を果たします。

反田恭平さんのお父さんは憲秀さん。

お父さんは音楽やピアノに無縁の方だそうで、反田さんがピアニストになることをずっと反対されていました。

1.ショパンの曲になんくせ

反田さんは、ショパンが大好きです。

大好きなショパンを引いていたら、父親は「汚い曲」と言われたとか。

お父さんの耳にはショパン独特の不協和音は「汚い音」と捉えられてしまったようです。

2,音楽高校への進学に反対。

中学の時、音楽番組「題名のない音楽会」で東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団を指揮する機会があり、その時にクラッシックが好きなんだと確信し、

ピアノへの道に進もうと両親に進学の話をした反田さんは、お父さんに猛反対されます。

「音楽学校に行きたければ、コンクールで1位をとって、俺の前にその賞状をもってこい」といわれた。

反田さんはあらゆるコンクールに出場。1つは最高位を他は全て優勝を飾り、晴れて桐朋女子高等学校音楽家への進学を決めます。

音大の進学にも反対

なんと、ここにきてまたしても反対。

「普通の大学に進学するならまだしも、音楽大学は行かせない」と言われてしまいます。

限られた期間内で受けられるコンクールを探して受けたコンクールが日本音楽コンクール。

高校生の優勝は11年ぶり性では最年でした。

併せて聴衆賞を含む4つの特別賞も受賞

高校で指導してくれた、川島伸達先生は日本音楽コンクールに優勝させようと指導してくれていたそうです。そのため徹底的に古典派の練習をさせたとか。

恩師の下田幸二先生は「授業中、全然話を聴いてないふりをしますが、指名されて弾き出すとものの見事に弾いてみせる」とエピソードを話されています。

高校では、桐朋学園大学院額部門から奨学金を授与されて入学。

桐朋学園大学も「キャンパス特待生」として入学。それからロシアへ留学します。

モスクワ音楽院に首席で入学、もちろん奨学生としてです。

ご両親にはほとんど学費の心配をさせることなく、進学されていて素晴らしいですね。

反田さんのお父さんの気持ち

芸術家は、それだけで生計が建てられている人て本当に一握りなんですよね。

どの分野でもそうですが、お父さんは堅実はサラリーマンだとすると、

反田さんの将来を考えて、「これでもか」と言ってきたのだと思います。

それを見事に結果を返してきた反田さん。

また結果を鼻にかけないようにとの親の躾の一環だったのかもしれません。

もし、反田さんがご結婚して、お孫さんができて、音楽家に・・なんて言ったら

今度は手放しで喜ぶ気がするのは私だけかなぁ。・・・。孫はかわいいですものね。

日本の才能ある演奏者のために、また未来の子供たちのために反田さんは、自分でオーケストラを作り、会社化を実現(ジャパン・ナショナル・オーケストラ)

音楽サロン「Solistiade (ソリフティアーデ)」をオープンしています。

しゅのんの総評

今度2度目の「情熱大陸」の放送があります。

若き日の反田さんも再放送してもらいたいですね。

これからの益々の活躍を楽しみにしております。

 

 

 

 

 

 

たぶん芸術の道は生活していくのに大変ということや、高校や大学の学費のことも考えたうえの事だったと思います。