きゃぴたるはあと
薔薇

バラの無農薬栽培11月12月の作業は?施肥や水遣りのタイミング解説

しゅのん
しゅのん
こんにちは。しゅのんです。

寒くなってきましたね。

年末に向けてバタバタと忙しい時期ですが、バラのほうも

観察しながら栽培を楽しみましょう。

今回は11月・12月ごろのバラの様子と楽しみ方。そしてバラ作業について解説します。

11月・12月のバラの様子

この時期のバラは、開花も終わりに近づいて、冬の休眠期に向けてゆっくりと準備をしていきます。

開花から休息、そして休眠という感じに変わってきます。

暖かい地域と、寒い地域ではバラの状態もかなり差がでてきますが、

生育期ではないので、ゆっくりとバラを楽しめる時期ですね。

◎華の咲き方がゆっくりで春との色や香りの違いがある

◎一季咲きは葉が紅葉

気温が低いので、バラの開花がゆっくりになります。そして色合いが春とは全く違ったようになるものが多いので、それも楽しみの一つですね。

有機栽培をすると、香りも強くなる気がします。

春のように沢山咲いたりしないのですが、その分一輪咲くとこの季節独特のバラの魅力に

思わず「有難う💛」と言ってしまいますよ。

11月12月のバラの楽しみ方

ローズヒップ

バラには、花がらをそのままにしておくと、実をつけるものがあります。

これを「ローズ・ヒップ」といいます。

 

無農薬だと安心してローズヒップティーが作れますね。

ローズヒップはビタミンCがたっぷりでレモンの20倍ともいわれています。

他にビタミンEやビタミンP・リコピン・鉄分・カルシウムも豊富といわれています。

ローズヒップティーに向いているバラ:ドッグローズ スィートブライヤー

ローズヒップティーの作り方はコチラ

沢山とれた方は、乾燥するときに自然乾燥だとカビが生えることがありますので、気を付けてくださいね。

このレシピのように薄くスライスすると、乾燥が早いです。(ちょっと大変だけど)

 

11月12月のバラの作業

お花の処理の仕方

咲いたバラがちりめん状になってきたらシーズン終了の合図です。

早めに切って後は家の中で楽しみましょう。

花柄を切る時は、お花のすぐ下で切る感じです。葉を残して冬支度を整えてもらうためです。

花が綺麗なうちに切ったら、水に浮かばせて飾ってもステキですよ。

水遣り

水遣りはこの時期はまだ1日1回あげる感じです。

でも、時間帯に注意が必要です。午後の遅い時間は気温が下がってくるので、湿気が残りやすく病気の元になりやすいので、午前中の暖かい時間にあげましょう。

肥料

この時期は、栄養生長もほぼなく、休息期になってくるので、いつもより少な目くらいでいいです。

液肥も薄めにして1週間から10日に1回程度

有機のぼかし肥料は11月ごろまでで終えましょう。

リバイバル

リバイバルは有機土壌のバランスを保つものなので、

1000倍から1500倍(5リットルのジョウロなら5ccで1000倍ですね)で1週間から10日に1回程度潅水しましょう。

基本、お水を上げてからリバイバルや液肥をあげましょう。

 ピキャットクリアにはCaをプラス

この時期はベト病などに注意が必要です。

カルシウムは植物を強くして糖の移動をサポートするので、ピキャットクリアにはCaを混ぜて葉裏に向けて噴霧しましょう。

しゅのんの総評

今回は、11月12月のバラの楽しみ方と、栽培の作業を紹介しました。

私はもっぱら咲いたバラを愛でるタイプで、部屋に一輪挿しを置いてます。

皆さんもj

 

 

 

 

 

 

 

 

×