きゃぴたるはあと
テレビ

志田彩良の役作とは?カワイイだけじゃない彼女の魅力を調査!

chat face=”woman1″ name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]こんにちは。しゅのんです。[/chat]

今年『ドラゴン桜』で父親に暴力を振るわれ偏差値70でありながら就職を希望している『小杉麻里』役をしていました。

この役のために数キロ落としたとか。すごいですよね。

今、熱い女優 志田彩良さんを調べてみました。

プロフィール

生年月日 1999年7月28日
出身地 神奈川県藤沢
身長 164cm
血液型 A型
事務所 テンカラット
主な出演ドラマ 「チア☆ダン」「ドラゴン桜」
主な出演映画 「ひかりのたび」「パンとバスと2番目のハツコイ」
好きな食べ物 貝類 にら 牛タン
嫌いな食べ物 小さなエビ 細かい骨のある魚
好きな事 寝ること
好きなタイプ 思いやりのあり人 楽しいことを全力で楽しむ人
好きな詩人 茨木のり子
好きな言葉 「雲外蒼天」

体重は、ドラゴン桜のために6キロ減量したそうですから、今もかなり細いと思います。

好きな言葉の雲外蒼天」は”雲を突き抜けた先には青空が広がっている”ということです。

つまり、

「どんなに嫌な事や悩みがあっても、乗り越えることで素晴らしい事が待っている」の意味になります。

「チア☆ダン」に役がきまったときも

仕事をする上で、大変なこともありますが、何事もポジティブにとらえるようにと心がけています。壁にぶつかったときも「(経験が少ないから)今大変なのは当たり前だよね」と自分にいいきかせてます。

引用:湘南よみうり より

とインタビューに答えています。
映画やドラマの役つくりにおいてかなり情報を集めて、深堀りするようです。

病気を患う人が減量するのはよく聞きますが、暴力振るわれて、精神的ダメージがあるのを表現する方法として「減量」を考えるなどすごくないですか。

窪美澄さんの短編集「水やりはいつも深夜だけど」に所収のかそけきサンカヨウの映画化が決まり、志田さんは井浦新さんと親子役で主演されます。

監督の今泉さんとはパンとバスと2番目のハツコイ」「mellowに続いての3番目のタッグになります。

誰かの言葉や存在で少しだけ心が軽くなる。自分よがりでない相手を思う気持ちの大切さに改めて気づかされました。戸惑いながらも前に進んでいく陽の強さも弱さも全部が愛おしくて、大好きな今泉組で陽として過ごした時間は大切な宝物です。

密かに目標のひとつとしていた今泉組での主演が、まさか本当に、そしてこんなにも早く叶う日が来るとは想像もしていなくて、嬉しさと有難い気持ちでいっぱいです。

引用:映画.com より

とインタビューで振り返っています。

これだけでも、観たくなってきました。公開が楽しみですね。

家族

藤沢生まれの藤沢育ち、家族は4人家族でお兄さんがいるそうです。

とっても仲がよいそうで、お父さんがサーフィンをしているので歩くようになる前からお兄さんと一緒に連れて行ってもらっていたそうです。

海が大好きで「チア☆ダン」の共演者を江の島に連れて行ったこともあるようですよ。

お父さんと仲がいいって、素敵ですね。最近はお父さん大好きな女の子が増えているようです。お父さんの服を共有したり、買い物に一緒にいったり。

昔は、高校生くらいになると、嫌いになる女の子が多かったけど、家族の形も変わってきたようで、家族を大切にする人が増えてきたってことなのでしょう。

また、好きな言葉にもあるように、物事をポジティブに受け取るようになるのは、お母さんの影響だと言っています。

いつも明るい笑顔で、何か起こっても悲観しないで解決法をみつけていく家庭が想像できますね。

実は負けず嫌い

デビューのきっかけは、小学校6年生の時にお母さんがSNSに写真をアップして、それを事務所の人が見て声がかかったそうです。

すごいご縁ですね。強運の持ち主かも。

ご両親も志田さんの気持ちを尊重されるお考えのようですね。

事務所でお芝居のレッスンを受けながら、2013年に「ピチレモン」の専属モデルとして2015年まで活動してました。

2014年に「サルビア」で女優デビュー

2018年に高校を卒業。「高校を卒業して仕事に集中できる環境になった」とコメントされています。

ご自分でも「負けず嫌い」と言っているように芸能活動も「絶対ためたくない」とおもっているようです。

学校の授業での百人一首でも負けたことがないそうです。

高校では、百人一首を授業に取り入れるところは多かったし、頑張って覚えてた思い出があります。でもなかなか全部って難しい。

頭はドラゴン桜の役並にとても良いとおもいます。

私の百人一首のかるた。タンスの奥~のほうに、ひっそりあります笑。

一番会いたい人は、ワン・ダイレクションのリアム・ペインだそうです。ワン・ダイレクションは今は活動を休止していて、リアムさんはソロ活動をしているようですね。

元々お芝居には興味をもっていて、

夢は「色のついていない、何色にも変身できる役者になること」

まだ21歳ですが、芯のある姿勢は、今後の活躍が楽しみなる女優さんですね。

賞をとるのも近いかもしれませんね。

しゅのんの総評

いやぁ、久しぶりにカッコイイ女優さんに出会えた感じです。

今はネット社会でいろんな情報があふれているからこそなのか、若い頃から自分の考えをしっかり持っている人が、有名になってきている気がします。

周りの人の良いところをどんどん吸収しながらも、「ぶれない」って大切ですね。